辻村 深月

感想・あらすじ・解説

ツナグ 想い人の心得

あらすじ 2012年の前作「ツナグ」では高校生だった歩美が社会人になって引き続きツナグとしてひとと関わっているお話です。今回は歩美の日常が少し描かれておりツナグとしての出会いと日常での出会いとの区別に悩むことも・・・前作で気になった人の今の話も出てきます。 感想 歩美が高校生から社会人となり少し成長して戻ってきました。前作は、もし死者に会いに行く事ができるとしたら誰でどんなことを話すのか...
感想・あらすじ・解説

ツナグ

あらすじ 一生に一度だけ死者との再会をかなえることができる使者(ツナグ)である男子高校生の渋谷歩美の物語です。4つの出来事のからなる連作長編小説です。 アイドルの心得 突然死したアイドルが心の支えだったOLのお話 長男の心得 年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子のお話 親友の心得 親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生のお話 待ち人の心得 失踪した婚約者を待ち続ける会社員の...
感想・あらすじ・解説

かがみの孤城

あらすじ 登場人物 感想 人は場所が違っても、生きる時代が違ってもつながっていることを感じさせてくれる物語でした。また、生きていくってことって何なのか、あの時自分はどんなことを考えていただろうか、あの時の自分はどんな夢を持っていただろう、どんな人間になりたいと思っていたのかといった過去を振り返えり、そして、いま自分がここにいることを自分にOKを出してあげることができるよう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました