月の影 影の海

感想・あらすじ・解説

月の影 影の海 十二国記 1

あらすじ 女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れるところから物語は始まります。何が起こっているのかも分からず異世界へと連れ去られ、また連れてきたケイキという男ともはぐれてしまう。出会うものに裏切られ、様々な獣に襲われながら、この異世界に連れてこられた意味、戦い続ける意味を考えます。旅の途中で楽俊という半獣に出会います。楽俊は敵なのか味方なのか・・・そして、陽子が異世界に連れてこられた本...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました