悪意

感想・あらすじ・解説

悪意

あらすじ 人気作家・日高邦彦が自宅で殺害された。第一発見者は、日高の友人の野々口修と日高の妻の理恵であった。加賀の活躍により犯人は明らかになります。しかし加賀は動機に納得がいきません・・・犯人は真の犯行動機を隠すために、いろいろなフェイクを仕掛けています。それを、加賀が見破り、真相に迫っていきます。 感想 小説家の人物を描く力の凄さを思い知らされた様な気がします。読み終わった後もなんだか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました