平場の月

感想・あらすじ・解説

平場の月

あらすじ 主人公は五十歳の男、青砥健将。都内で妻子と暮らしていたが六年前に父親を亡くし、一人残された母の近くで暮らそうと地元の埼玉に中古マンションを購入。その後妻子と別れ、三年前には卒中で倒れた母親の面倒を見ていた。ある日検診に訪れた病院の売店で元同級生の須藤と再開するとこから物語は展開していく。青砥も須藤にも老いた家族や過去があり、心の隙間を互いに埋めつつ、思いを寄せていきます。 登場人...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました