小野 不由美

感想・あらすじ・解説

風の万里 黎明の空 十二国記 4

「風の万里 黎明の空 十二国記 4」のあらすじと感想を掲載しています。
感想・あらすじ・解説

魔性の子 十二国記 0

あらすじ 感想(ネタバレ注意です。) 自身の居場所がないと感じつつどうすることもできない高里。自分の意思とは別に巻き起こる事件の数々・・・なのに周りから自身が原因であるといわれ自分の居場所がどんどんなくなっていく状況は読んでいてつらくなりました。ただ、この物語は単に高里だけのお話ではなく、広瀬自身の話であることが最後になって気がつきました。広瀬は、高里の理解者ありなら高...
感想・あらすじ・解説

風の海 迷宮の岸 十二国記 2

あらすじ 物語は、黄海にある蓬山でのお話。蓬山には捨身木があり麒麟が生まれる。麒麟は、ここで女仙たちに育てられいずれ自身の国の王を選ぶ。本編は、その中でも戴国(たいこく)麒麟の泰麒(たいき)のお話です。泰麒(たいき)は天地を揺るがす〈蝕(しょく)〉で蓬莱(ほうらい)に流され、人として育った時間がある。そのためか、麒麟としての能力や考えが理解で苦しむことになります。泰麒(たいき)は本来の麒麟の...
感想・あらすじ・解説

月の影 影の海 十二国記 1

あらすじ 女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れるところから物語は始まります。何が起こっているのかも分からず異世界へと連れ去られ、また連れてきたケイキという男ともはぐれてしまう。出会うものに裏切られ、様々な獣に襲われながら、この異世界に連れてこられた意味、戦い続ける意味を考えます。旅の途中で楽俊という半獣に出会います。楽俊は敵なのか味方なのか・・・そして、陽子が異世界に連れてこられた本...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました