のぼうの城

感想・あらすじ・解説

のぼうの城

あらすじ 時は1590年、豊臣秀吉が関東を平定しようとしている際、豊臣方総大将石田三成、大谷吉継、長束正家、真田昌幸といったそうそうたる武将を相手に約500人の侍や足軽のほか、雑兵、農民、町人など3,000人が立てこもった忍城の話です。その忍城の城主が成田長親。領民からは「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。武勇に優れているわけでもない智があるわけでもない。しかし、なぜか慕われていました。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました