そして、バトンは渡された

感想・あらすじ・解説

そして、バトンは渡された

あらすじ 両親を愛し、愛された森宮優子の十七年間のお話です。ただこの十七年間の間に母が変わり、父が変わってて行きます。継父継母が変われば名字も変わる。 優子には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わっていきます。 でも、全然不幸じゃないんです。 登場人物 感想 親子って血が繋がってるとか繋がってないとかじゃないんだとつくづく思います。 親は子どもの幸せを考...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました